握手している人達

考えて購入する

白い家の模型と手

一戸建てであれマンションであれマイホーム不動産を購入することは働く目標の1つです。非常に高い買い物となるため物件選びも重要ですが、資金計画も重要となります。大半の人が住宅ローンを組んで不動産を購入することになりますが、快適な生活を送るため毎月のローン支払額が重要です。不動産購入時に頭金で支払った残りの分とそれにかかる利子が支払総額となりますが、これを何十年もかけて払っていくことになります。そのため毎月の支払額が多いと毎月苦しい生活を送ることになります。およそ毎月の支払額の目安は今現在住んでいる賃貸物件の家賃と同じくらいが理想とされています。その額であれば生活レベルを落とすことなく生活出来ます。

住宅ローンには種類があり、金利が異なります。大きく分けると変動金利型と固定金利型があります。また銀行など各金融機関によっても金利はことなります。なので各社の金利を比較し、将来も考えて固定型・変動型のどちらにするのか検討する必要があります。ローン返済期間が長いためこの金利により支払総額が大きくかわってきます。新車が買えるほどの違いがでるため、ローン選びは非常に重要です。不動産を購入する時には家や土地に支払うお金以外にも新しい家具や家電製品を購入するお金も必要ですし、引越し費用も必要となります。なのでマイホームを購入する際に家に対して全てのお金を投資することはできないため、緻密な資金計画が必要となります。